2011年08月09日

第6便の報告 2


 スギです。南相馬〜石巻報告その2です。

 11時頃(7月29日)南相馬のピーナッツに到着。野菜と依頼の物資を下ろす。来客も多く、施設長の郡さんも忙しそう。
 
 つい先日、南相馬市長が県外避難者の帰還要請を表明したばかり。
 しかし、ピーナッツのある緊急時避難準備区域のインフラは市民の帰還に耐えうる状況にはありません。

 学校は再開の見通しは立って居らず、障害者施設もピーナッツだけ。最近、2ヶ所の施設が再開したと言っても、実態はボランティア開所。職員1名で障害者17名をみる事が可能かどうかは自明の事と思われる。

 再開はしたい。でも、スタッフが圧倒的に足りない。行政の支援は期待出来ない。

 ピーナッツですら、スペースの問題(鹿島地区にあった就労支援施設が同居している為)で利用者が毎日の通所が出来ない状態にある。現在、場所探しをしているが、適当な場所が見つかっていない。

 ピーナッツのスタッフ、本多さん(北村さん達の友人でもある)の希望はメンバー全員が毎日通えるようになる事。

 病院の再開など医療も然りである。

 戻って来いと言われても、医療、教育、福祉のインフラは圧倒的に不足状態で、仕事のあてはなく、明日が見えない。未来を語れない。

つづく


posted by 勇気野菜 at 16:54| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6便の報告 1


 スギです。
 遅ればせながら、南相馬〜石巻の報告です。
 先週は仕事と合わせて、石巻を2往復したのでつかれました。
 木曜の夜(7月28日)、チャンプールで野菜を積み込み、深夜町田駅前で今回同行の瀬谷のOさんと待ち合わせて出発。出発前にタイヤがパンクしたりバタバタしてました。

 29日早朝、二本松着。空間線量0.8μSv/h;。関さんに近況を聞く。
 県内の古米相場が高騰していること(新米と混ぜて汚染濃度を薄める?)。学校給食の牛乳を複数の産地の物を大きなタンクで混ぜていること(米と同じでブレンドして基準値を下回らせる?)。

 仕事なんか辞めて亘理町の海岸で札拾いしようと誘われた話。コンクリートやアスファルトの除染がうまくできないこと(洗っても線量が余り下がらない。却って汚染を拡散してしまう等)。除染の決定打がないこと。その他嫌な噂話。


明日が見えない。語れない。どうすれば良い?

 天気は雨。そのせいか空間線量はどこも高い。浪江〜飯館の国道399号線沿いは車内で約20μSv/h。地際で最高92.8μSv/h。あまりの高さに驚き、怒り、悲しむ。そしてビビる。

 全国紙には決して載らない数字。

 明日が見えない。語れない。どうすれば良い?


posted by 勇気野菜 at 16:47| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6便関連の動画










 今(20110731 22:54)、東北道に入ったところです。朝までには東京に着く予定。此処で少し仮眠取って行きます。

 今夜は石巻で灯籠流し。北上川をカヌーに乗って祈りを込めて灯籠を流しました。岸辺から聞こえる経の響き。沢山の祈りの中、みんなで作った1万個の灯りが北上川を流れて行きました。

 昨夜は新潟・三条に救援活動に向かうトラックに荷物の積み込み。昼間は再開を目指す小さな水産加工で重油にまみれた泥落とし。
 


               

 ヘリで救助された加工場のご夫婦。言葉には出来ないけれど、心の中でそっと呟く。「ガンバレ、ガンバレ。負けるな、負けるな!」 

 沢山の祈りを乗せて、灯籠は北上川を流れて行きました。

                                                 bv Sugi


posted by 勇気野菜 at 16:35| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱原発ポストカード




    


                 

    



                 

 脱原発ポスター展のご縁で作家の方が作成した「脱原発ポストカード」を扱うことになりました。
 8枚組で200円。
 収益は、勇気野菜プロジェクトにて、野菜購入代金として使わせて頂きます。

 チャンプールにて取り扱い。

posted by 勇気野菜 at 07:40| Comment(0) | ご協力のお願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

宮城県南部にも測定室・・・カンパ要請です



 宮城県丸森町で自然農を営む北村さん夫婦。
 有機百姓の仲間たちで放射能測定室を作ることにしました。

宮城.jpg

                          宮城2.jpg

測定室支援.pdf

 北村さんはもともと神奈川に住んでおり、なんと自給の邑時代のお客さん。私は何度も配達にいきました。


 南相馬から石巻に行く途中に丸森によれるじゃない、ということで、3回目の勇気野菜プロジェクトの便でおじゃましてから情報を交換をしてきました。



メーリングリストからの転載

 宮城仙南の有機農業、自然農の生産者、8軒を中心にスタートすることになりました。放射能汚染地域で農業を続けていくためには、ドイツのミュンヘンのように、自分たちで測れるシステムを作る必要があるためです。市民の方の測定も引き受ける予定です。機種は、LB2045 核種が特定できて、1ベクレルから測れるものです。(前金160万円を払うために、苦労しました)
 ということで、広くカンパを呼びかけるチラシを作りました。できれば、いろいろな所に拡散していただけるとありがたいです。
よろしく、お願いします。



 東林間ではLB-2045より機能は劣るけれど、携行性に優れ、誰にでも計測可能な簡易な機種LB-200購入を決めています。もちろん検出限界20Bq/kgでは満足いかない、ので、更に上位機種の購入を目指しています。

 各地に放射能測定室を、そして測定室のネットワークが必要です。

 宮城へのご支援もよろしくおねがいいたします。


参考
放射能から命を守る宮城県南部の会
http://tamaky.com/kibou/


posted by 勇気野菜 at 22:29| Comment(1) | ご協力のお願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。