2011年06月16日

6/26寿Kotobuki DVD発売記念 & 震災チャリティーコンサート]                  「2011、寿KOTOBUKI-SPIRITS LIVE in ALTA」


6月26日(日)14:30開場、15:00開演 シリーズ・ホネの歌を探して
寿Kotiobuki DVD発売記念 & 震災チャリティーコンサート
「2011、寿KOTOBUKI-SPIRITS  LIVE  in  ALTA」  

 沖縄の島唄と寿Kotobuki魂の熱いメッセージを携え、人々の想いをエンパワーし続けてきたナビィ(歌)とナーグシク・ヨシミツ(G,  三線)。  
 結成25周年を機に撮り出した寿Kotobuki  の記念DVDが今年発売されたが、寿のスピリッツが詰まった映像作品として好評を博している。  
 今回はパーカッションの渡辺亮と横瀬卓哉をリズム隊でに迎 えての、DVD発売記念のステージを作る。

kotobuki3.jpg

 寿Kotobukiは、6.11脱原発100万人アクションの新宿でのステージでも演奏。  
 収益は、阪神淡路被災地支援でも動いた神奈川の八百屋仲間に よる“勇気野菜プロジェクト”に寄付。当日は、福島被災地からの現地報告もあり。

報告者/関久雄(元八百万屋、現在、二本松で支援活動)
会場/スペース・オルタ
          横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1
料金/当日2.500円、予約・前売り2.300円(高校生以下1.000円)
主催/スペース・オルタ  
協賛/勇気野菜プロジェクト
予約・問合せ/スペース・オルタ(TEL&FAX:045-472-6349)  



報告者 関久雄さんのメッセージ

 佐藤さんにお願いして26日にオルタで3・11以来の私の周りのことを報告させていただく機会をいただきました。お時間があればおでかけください。 

 話す内容ですが・・・、@、事故が起きた時、私はどう行動したか、人はどう動いたか、A 被ばくから身を守るためにどんなことをしたか、B 避難かそれとも・・・、C 人と大地を浄化する行動とは、D ビジョン=どんな世界で生きたいのか、等を考えています。 

 あれから3ケ月。福島はいまだに危機と苦悩が続いていています。福島市、郡山市、二本松市といった中通り地域は放射能の値が高く、安全をめぐって住民は揺れ、時には対立が生まれています。
 不安な人は放射能を問題にしますが、「そう騒ぐから物が売れないし人が来ないんだ」と文句を言う人がいたり、「嫌なら出て行けばいい」と公然と言われたりします。これは辛いです。

 原発事故からひと月後から、徐々に人は戻ってきましたが、各地で線量が高い所が見つかったり、中通りは一年で約9ミリシーベルトを被ばくすることがわかり、再び避難する人も出ています。

 避難の理由は放射能だけではなく、仕事がない、生活ができない、先が見えないということがあります。避難というより地域を見限って出ていくという感じですね。以前と違って多くの人は、「原発が問題なんだ、あれさえなかったら・・」と言います。「風評被害に負けるな!がんばろう福島」が合言葉のように言われてますが、安全である会津地方にも観光客も来ません。

 打つ手がずれているのでしょう。子を持つ親は他県産を求め、じいさん、ばあさんが地元産を食べているのが実際です。

 杉浦さんが支援を行っている南相馬市ではお金の配給も5月に入ってからで生活のめども立たず、支援物資を求める人が大勢います。餓死者も出ているとの情報もあります。皆さんからの支援物資もまだまだ要ります。 

 そんな中、私は「除染」を始めているのですが、これは住まいや農地といった大地と人間の浄化こそが福島再生のカギだと思うからです。学校や行政での取り組みも始まっていますが、これを事業にし、同時にナタネやひまわりの浄化とバイオエネルギーの生産、バイオマスの使った廃棄物の処理などと絡めた循環型の仕事を作ることが必用と感じていくつかのグループと連携して着手しようと企画中です。

 今回、外に出かけてお話をし、少しでも理解と協力をいただき具体的な実現に繋げたいと思っています。  

 この頃、「風の谷のナウシカ」を始め、いろんな映像や本にインスピレーションをいただくことが多いです。「幸せの経済学」のブータンのこと、梅棹忠雄さんの「未来学」、清水義晴さんの「シフトウエアー」、安保徹さんの「自然治癒力」や環境への「適応」ということなどです。長くなりました。希望を持っていきましょう。



 是非おでかけください。
 勇気野菜プロジェクトからも報告をいたします。


posted by 勇気野菜 at 18:58| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

和光大学で緊急ティーチイン 3回の予定



緊急ティーチイン@和光大学「震災・脱原発を考える」  

 3月11日に起きた震災は、大きな物的人的被害と衝撃を社会に与えました。東京電力福島第一原子力発電所 の事故が発生し、放射能汚染をはじめとする深刻な危機状況は現在も続いています。事故がこれ以上悪化したとしても、沈静化したとしても、「生き方」や「暮らし方」、「人間」「社会」「文明」というものを考えざるをえなくなる、そういう歴史的岐路に現在私たちはいます。この出来事は、ふだんの授業のような「教える/教えられる」という関係を超えて、大学における「知」のあり方、さらには自分たち自身の「生」を問い直すことを迫っています。  
 今回のティーチインでは、この事態をどのようにとらえ、これからどのように生きていくのかを共に考え、共に討論していきたいと思います。


● 第1回:脱原発社会−−原発事故から見える社会のかたち  
 日時:5月19日(木)14:40〜17:30(和光大学E棟1階コンベンションホール)  
 発題者:山口幸夫(原子力資料情報室共同代表)・ロバート・リケット(和光大学教員)


 ● 第2回:学問と未来−−震災から見える学問と生のかたち  
 日時:5月26日(木)16:20〜19:00(和光大学J401教室)  
 発題者:最首悟(和光大学名誉教授)・向井宏一郎(和光大学教員)


● 第3回:職と労働−−震災後を生きのびる労働のかたち  
 日時:6月2日(木)14:40〜17:30(和光大学E棟1階コンベンションホール)  
 発題者:鎌田慧(ルポライター)・竹信三恵子(和光大学教員)

●参加方法:参加費無料、事前予約不要。どなたでもご参加いただけます(定員200名)。  ※ 大学および近隣に駐車場がありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。
●主催:緊急ティーチイン@和光大学実行委員会
●共催:和光大学総合文化研究所
●お問い合わせ:道場親信(実行委員長/和光大学現代人間学部准教授)  
〒195-8585 東京都町田市金井町2160番地 和光大学  
    TEL: 044-989-7497(和光大学 企画室)  
    E-Mail:ako_teach-in@hotmail.co.jp 詳細については下記をご覧ください。

http://www.wako.ac.jp/souken/meetings/index.html
http://www.wako.ac.jp/what_new/2011/2011-0423-1241-62.html


Ustの予定もあります。下記ブログでお知らせとのこと。
http://blogs.yahoo.co.jp/ik84gan/folder/342365.html 


posted by 勇気野菜 at 14:28| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーガ、音楽そして祝の島の上映


            yoga2.jpg


               無力感にうちのめられそうになった。
                 けれどわたしたち無力じゃない。    
          微力でも力は力。 人差し指一本分の力でいいじゃないですか。    
                 集まったら無限大にだってなる。    
                  わたしにできることやりましょう。    
                 それでこんなことをはじめた次第。    
                    ご一緒でき たら嬉しいです。

その壱  チャリティ「やさしいヨーガとうつくしい音楽」    
 どなたにでもできるハタ・ヨーガの、快適で安定を第一としたベーシックなポーズで、心身をゆるめほぐします。      
 この後、美しい音楽(シタールであったりクリスタルボウルであったり)で癒される約2時間です。      
 参加費は、一部経費を除いて義捐金とします。

その弐   ドキュメンタリー映画「祝の島」上映会      
 山口県に建設予定の上関原発に28年間、反対し続けている小さな島の島民たち。    
 その生き様、暮らし、素顔に脱帽。多くの方に観ていただきたいと思います。    

むいよーがくらぶ 小椋ゆきの     
 携帯電話 090-3804−3478    
 メールアドレス muimamaアットceres.ocn.ne.jp アットを@に変えてください

日程(2011年5月1日現在)


その壱の1  
 日時 2011年5月30日(月)10:30〜12:30  
 会場 町田市 勝楽寺  
 参加費 2000円  ※音楽未定  

 その壱の2  
 日時 2011年6月12日(日)13:30〜16:30  
 会場 熱海市 起雲閣  
 参加費 3000円(ヨーガのみ、音楽のみの参加も可能)      
 ※この日はシタールとタブラ演奏  


 その弐の1  
 日時 2011年6月5日(日)14:00〜  
 会場 多摩市永山 ナチュランド・シルフレイ隣ヨガ道場  
 参加費 1800円  

 ※明記時間はスタート時間です。
 ※参加ご希望の方は、いずれも人数に限りがあるので、予約をお願いします。  
 ※お子様連れの方、事前にご連絡ください。乳幼児連れの方ご遠慮いただく場合もありま す。  
 ※会場を提供くださる方、音楽演奏者を募っています。  
 ※詳細は「むいよーがくらぶ」小椋までお問合せください。  
 ※上記以降の日程については、メールもしくはファクシミリでの連絡可能です。


posted by 勇気野菜 at 14:18| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。