2012年04月08日

脱原発市民会議in 神奈川 + ハーベスト・ムーン LIVE for フクシマ 


4月8日(日)は新横浜 スヘース・オルタに!!


4.8omote1.jpg

    4.8ura1.jpg

4月8日(日) 11:00〜20:00
脱原発市民会議 &ハーベスト・ムーンLIVE for フクシマ
 脱原発を志す市民たちが集います。阪神淡路大震災時に神奈川の八百屋仲間が継続して被災地の作業所や老人施設に食糧を届け続けた勇気野菜プロジェクトも再始動。仲間は東林間放射能測定室を作って活動中。勇気野菜プロジェクトの報告コンサートとして1995年〜1999年まで開かれていたハーベスト・ ムーン・ライブを復活し、福島現地からも仲間を迎え、「自分の頭で考え、互いに深く話し合いながら、よりよい社会を探るための」場を設けます。

脱原発市民会議 in 神奈川 11:00〜16:00
講座1/「南相馬から福島、そして日本を考えるーある障がい者施設での、この1年の軌跡から」  
11:00〜13:00 2階(約50名、予約優先)
フクシマの縮図=南相馬。福祉現場や民衆法廷の発言者などを迎え座談の場を開きます。

講座2/「くらしの中の放射能汚染地図ー瓦礫、食べもの、そして・・・」  
12:00〜14:00 3階(約50名、予約優先)
広がり続ける汚染地の瓦礫処理やたべもののこと。いま市民が考えるべきことは?

講座3/「脱原発と自然エネルギーについて」
13:00〜15:00 5階(約50名、予約優先)
広瀬隆さんとともに40年近く原発問題に係わる環境ジャーナリスト山田征さんを囲みます。


ワークショップ1/「非暴力トレーニング」
市民運動の原理と手法を学ぶ場を開きます。

ワークショップ2/東林間放射能測定室
一検体500円、事前予約で測定。放射能測定技術を学びます。

階段ギャラリー/脱原発ポスター展、他

※フェアトレード品の販売や、アジアの電力に頼らない村の暮らし紹介、上関原発反対運動の現状報告など、各種展示、資料映像放映、飲食コーナ、座談の場づくり等、多彩な企画でお待ちしております。


ハーベスト・ムーン LIVE for フクシマ
14:30〜20:00(地下のスペース・オルタに於いて)
出演
朴保BAND(反戦・反核のメッセージロック)、
THE ROUGH DIAMOND(被災地支援で豪州から来日)
ナーグシク・ヨシミツ(寿Kotobukiからソロで島唄とオリジナルを披露)
カテリーナ(チェルノブイリ労働者の町で事故直前に生まれたウクライナの歌姫)
関 久雄(子ども疎開の活動をしながら歌とメッセージを届けている)
かぜよし(大地と命への共感を紡ぐシンガー・ソングライター)
生田卍(長崎の被曝二世のロッカー)


※フリーパス券:前売りのみ3,000円
        講座・ワークショップ・コンサートがフリーパス。100枚限定
※コンサートのみのチケット:当日3,000円、前売り2,800円
※講座・ワークショップのみの参加:一ヶ所or 一検体500円
※講座参加は予約者優先で当日は整理券を発行します。
※各種展示閲覧のみは無料

会場:オルタナティブ生活館/スペース・オルタ 
〒222-0033
横浜市港北区新横浜2-8-4 新横浜オルタナティブ生活館
      新横浜駅徒歩7分 東京ガス手前)

主催:脱原発市民会議神奈川実行委員会

問合せ・予約 TEL & FAX : 045-472-6349 スペース・オルタまで 
                  FAXにて予約受け付けます

参加団体:
勇気野菜プロジェクト
東林間放射能測定室
HANET・非暴力平和隊・日本
子どもの未来プロジェクト・港北
ピース・サークル
NPO法人WE21ジャパンこうほく
NPO法人まいんどくらぶ


フリーパス券はチャンプールにて取り扱い中!!!




posted by 勇気野菜 at 07:40| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

本音でトーク!! 地震と原発  南相馬で起きたこと!                     ・・・・・・ある障害者施設の軌跡・・・・・


4月7日(土)17:00〜19:00 受付16:.30

 あれから一年余り、地震、津波、そして原子力発電所の爆発・・・
 緊急避難により、南相馬市の人口は1万人にまで減り、ゴーストタウンと化した。
 経済・物流は止まり、そして放射能に汚染されたこの街で、何が起き、彼らは何を思い走り続けてきたのか?
 
 そして、現在・・・

 障害をもった当事者、支え手の等身大の生の声をどうか聞いてください。

お話 ほっと悠 職員・当事者の皆さん
            http://www.hot-yu.com/

会場 コメット会館(杜舞人ハウス 5階)
       東京都町田市原町田5-4-19
お問い合わせ、申し込み
    080-5494-3439 杉浦
主催 勇気野菜プロジェクト


posted by 勇気野菜 at 17:43| イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

いま子どもたちを守るために知っておきたい放射能のはなし


すでに会場のキャパシティを超えてしまいました。申し訳けありませんが、受付終了です。


 7月10日の長谷川さんのお話を聞く会に続き、16日(土)にチェリノブイリへのかけはし代表・野呂美加さんのお話を聞く会があります。



「いま子どもたちを守るために知っておきたい放射能のはなし」
〜ベラルーシの子どもたちが伝える低線量被曝の姿〜

 みなさんは、原発のこと、放射能のことをどう考え どう感じて日々を過ごされていますか?

 3月11日の大事故以来、いまだに放射能は拡散しつづけています。相模原市のお茶からも基準値以上の放射性物質が検出されました。

 こうした低線量放射能に対していちばん強く影響を受けるのは、子どもたちです。その子どもたちが将来どんなリスクを負う可能性があるのかについて私たちはあまりに知らないことが多いことに気がつきました。「安全です」という言葉だけでなく、「不安」なだけでもなく、事実を知って、乗り越える知恵と情報がほしいと思います。

 いま、ほんとうに必要なのは「知ること」。知った上で、何をどう防ぎ、どう引き受けることができるのか、ひとりひとりが意識し、選びとることが大切なのではないかと思うのです。

 今回、チェルノブイリの原発被害を被ったベラルーシの子どもたちを保養させる活動を19年間続け、子どもと放射能に関わりつづけてきた「NPOチェルノブイリへのかけはし」代表の野呂美加さんのお話をうかがう回を企画しました。

 たくさんのみなさまの参加をお待ちしています。


「いま子どもたちを守るために知っておきたい放射能のはなし」
〜ベラルーシの子どもたちが伝える低線量被曝の姿〜

日時:7月16日(土) 14:00〜16:30 (13:30開場)
会場:相模原市立東林公民館 和室
   (相模原市南区相南1-10-10 小田急江ノ島線東林間駅より徒歩10分)
   地図はこちら http://www.asahi-net.or.jp/~yr6m-ymd/sub08-03.htm
参加費:1,000円 保育600円(要申し込み)
定員:80名
主催:野呂美加さんのおはなしを聞く会
連絡先:橋本良子 hanaryo.mano@hotmail.co.jp
     チャンプールでもお問い合わせにお答えします。

野呂美加さんのプロフィール
 NPO 法人チェルノブイリへのかけはし代表。
 22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1か月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。これまでに招待した子どもは、19年間で648人。
 2005年国際交流基金より「地球市民賞」受賞。
 福島第一原発事故発生以来、各地で主にお母さんたちのためのお話会を開催している。
 夫と大学生の娘と3人暮らし。
 チェルノブイリへのかけはし http://www.kakehashi.or.jp/



posted by 勇気野菜 at 20:29| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

6月26日 寿コンサートのチラシが届きました


 スペース・オルタ制作のチラシが届きました。
 クリックすると拡大します。

0626 (Large).jpg

  ご予約は、スペース・オルタまでお願いいたします。
                          045-472-6349


 チラシの枚数が限られますので、急遽作成していたこちらのチラシも利用いたします。

0226-2-1 (Large).jpg

                     0626-2-2 (Large).jpg

 こちらはPDFがありますので、ダウンロードが可能です。
0626-2.pdf


 さらに、当日はスペース・オルタのエントランスで「脱原発ポスター展」のリアル版を開催の予定です。コンサート終了後、実費ブラスカンパでお持ち帰りいただけます。
http://nonukeart.org/



posted by 勇気野菜 at 18:56| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

飯舘の酪農家 長谷川健一さんのおはなしを聞く会を催します


 村全体が計画的避難区域となってで村人たちが姿を消した飯舘村。
 この飯舘村で酪農を続けてきた長谷川さんが、経験したことを日本全国の人たちに伝えたいと、原発事故後に撮り続けたビデオの映像とともに、おはなし会を始めました。

 呼びかけがあったのは写真家 森住卓さんのブログ。http://mphoto.sblo.jp/article/45933445.html
   

飯舘村から 酪農家の長谷川さんをあなたの町に呼んでください。
 みなさん、ブログにUPしている、飯舘村の長谷川健一さんが自らの体験を直接みなさんにお話したいとおっしゃっています。呼んでくれるなら何処にでも行くと。長谷川さんの撮った映像(動画)もあります。
 米軍占領下の沖縄・伊江島で銃剣とブルドーザーによる強制的な土地取り上げに反対し闘うために、カメラを買って米軍の蛮行を記録し続けた阿波根昌鴻さんがいました。
 いま、彼と同じように自分の村の体験を後世に残そうと4月にビデオカメラを買って撮影しています。
 その映像と一緒に話をします。汚染して村を出て行く人々の無念さや悔しさ、原発への憎しみと汚染の今後の心配など、ともに考える良い機会です。
 是非、皆さんに呼びかけて長谷川さんと飯舘村のお話を聞く機会を作っていただけないでしょうか。

 関連記事 http://mphoto.sblo.jp/category/1117537-1.html



 お客さんのMさんがこんな話があるんだけれど、話しを聞いてみようよとチャンプールに声をかけてくれました。
 店頭で、Hさんにも声をかけ・・・そして決まったのが長谷川さんのおはなしを聞く会です。

期日 7月10日(日) 14:00〜
所  相模原市南区東林間4-32 相模原市立東林間児童館2階
会費 1000円
(予定)
 会場にはクーラーがありません。扇風機、うちわで涼をとります。
主催 長谷川さんのおはなしを聞く会
問い合わせ 042-747-2858 チャンプール





資料





乳牛飼育を断念 飯舘全11戸「苦渋の決断」
 村全域が計画的避難区域となった飯舘村で乳牛を飼育している県酪農協飯舘支部(長谷川健一支部長)は1日までに、飼育農家全11戸で飼育を休止することを決めた。今後乳牛は殺処分するという。
 長谷川支部長によると、村内では300頭の成牛を飼育しているが、牛は弱っており、他に移動させて搾乳することが困難で移転先での出産もできない状況。また疫病の懸念や移転先での作業の見通しが不透明だという。仮に村内に残したとしても、餌の牧草の放射線量が高く、牛への影響が大きいため、休止を決めた。
 育成牛45頭は既に白河市に移動し、今後競りで販売する。成牛は県組合を通じ、と場で殺処分するが、見通しが立っていない。また、放射線量の関係から通常とは違った対応も考えられ、課題も残っている。
 長谷川支部長は「酪農家にとって苦渋の決断。今後は東京電力に対し成牛だけでなく設備など全ての補償を求めていく」としている。
                               (2011年5月2日 福島民友ニュース)



IWJより 5/20
緊急集会 原発“損害賠償” 問題を考える〜飯舘村 酪農家は訴える〜
 福島第一原発事故の影響で、村全域が計画的避難地域に指定され、5月下旬までを目処に全村民に対して避難を要請されている福島県飯舘村。
 その飯舘村で長年酪農を営んできた全11戸の酪農家たちは、ある日突然、原発事故による「計画的避難地域」に指定されたことを告げられ、補償について何の約束もないまま、ともに生活を分かち合ってきた大事な乳牛を処分し、故郷を去ることを要求されています。
 東京電力株式会社の「責任ある補償」と政府の「原子力損害に対するあり方」とは、どの様な形であるべきなのか。
 飯舘村を含む各地の酪農家、農業・漁業従事者が原発により甚大な損害をうけています。しかし、これら地元で暮らす人々の「声」を聴取しないまま、今まさに、政府による「補償の枠組み」が定められようとしています。
 この様な現状に危機感を抱き、「自らの現実」に耳を傾けてもらいたいと、緊急で、飯舘村酪農家の皆さんが上京します




47NEWShttp://www.47news.jp/47topics/e/214402.php
【写真ニュース特集】(17)原発が全てを奪った 福島県飯舘村の酪農家

2011年06月07日
原発が全てを奪った 福島県飯舘村の酪農家
 「寂しいではなくて、悔しい」。食肉として処分するため、手塩にかけて育てた8頭の乳牛を1頭ずつ大型トラックにのせた。覚悟していたはずだが涙があふれた。遠ざかる車をじっと見つめ、最後に頭を下げた。

 のどかな田畑や牧草地が広がる福島県飯舘村で佐藤美知夫(さとう・みちお)さん(55)、照子(てるこ)さん(56)夫妻は、約35年間休むことなく酪農業を営んできた。高価な機械を更新し、牛を増やして少しずつ牛舎を拡大した。しかし福島第1原発事故により生活は一変。30キロ圏外でも放射線量は高く、村の全域は計画的避難区域に指定された。「もう人の住めるところではない」と美知夫さん。国は5月下旬をめどに避難を求め、村の酪農家は廃業に追い込まれた。

 「人生の分かれ道、全てのことが狂った日」と長谷川健一(はせがわ・けんいち)さん(57)は嘆いた。牛舎の壁には震災発生の日時がチョークで力強く書かれていた。その日以降、出荷できない牛乳を搾っては捨て続けた。「もう疲れた」。健一さんは力なくつぶやいた。

 5月下旬に出荷制限が解除され、残っていた乳牛は村外の農家らに売却された。佐藤さん夫妻は福島市に移転を決めたが、肉牛の売却や片付けなどで自身の避難は6月にずれ込んだ。村によると5月31日の時点で、村民の2割を超す1400人以上が村に残っているという。

 「原発は全てを奪っていった。牛も家も土地も、俺の仕事も健康も」。死んだように静まり返った牛舎で、美知夫さんは見通しの立たない現状を訴えた。(写真と文 矢辺拓郎・共同通信写真映像記者)



福島原発レポートC森住 卓
http://fotgazet.com/news/000074.html
 飯舘村の土壌汚染。「家族だけ自主避難したが牛を飼っているので俺はずっと家にいた。おれたち年寄りは被曝したって、今更どおって事ねえ、田んぼの土が汚染された。今年の米作りはどうなるんだ。一刻も早く土壌の検査をして欲しい」(田んぼは毎時1,578ミリレントゲンの放射線を出していた。3月27日午12時 福島県飯舘村)

 福島第1原発50キロ圏の高濃度汚染。30キロ圏の避難指示だけがお全範囲ではない。すでに40キロの飯舘村は汚染が広がっていることが大きな問題になっている。しかし、もっと離れた50キロの伊達市月舘町の月舘小学校宇付近の地上1メートルでは放射線量はたいした事はないのだが、住宅の雨樋の下を測定してみると、100マイクロシーベルトを記録した。(3月29日午後3時20分)

 3月15日に同市月舘町布川で高濃度の放射線を計測した。その後空気中の放射線は減少したものの雨や雪に含まれた放射性物質が屋根に降り積もり、雨樋を伝って集められたものと思われる。こういった高濃度汚染スポットがたくさんあると思う。

 無念のミルク。福島第1原発から40キロにある福島県飯舘村の酪農家長谷川健一さん(58)は「これで全部おしまいだ。いつまで続くのか見通しが全くない。このままでは廃業を覚悟しなければ」と悲痛な気持ちを語ってくれた。3月21日出荷の停止以来、牛は牛乳を出さないわけにはいかない。「えさを減らして乳量を減らしているが,普段乳量が多い牛ほど自分の身を削って乳を出そうとするから、ガリガリにやせた、と悲しそうに牛を見つめていた。朝、搾乳した原乳は近くの畑に捨てられた。目ざといカラスが近くの森で絶好のえさにありつけると、廃棄作業が終わるのをじっと待っていた。(3月29日福島県飯舘村)


posted by 勇気野菜 at 18:26| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。