2011年08月11日

祭りの準備


 スギです。

 石巻、特に牡鹿半島で感じる事ですが、それは人々の信仰の厚さです。 神社やお寺が、暮らしの中に当たり前にある風景。 どこの家にも居間の中心に神棚が置かれているし、スーパーに行ってもお盆のお供えグッズがセンターに山積みされています。

 以前に渡波(わたのは…波が渡るなんて、すごい地名ですよね)地区の神社でやった祭りの話をしたと思いますが、ボランティアの太鼓のグループが演奏していたら、地元のオジサンが「見てられねえ、そんな叩き方じゃダメだ!」と、ばちを取り上げ威勢よく叩き始めると、それに釣られて篠笛持った人が現れお囃子が太鼓に絡み出し…宮司さんも今年は出来ないと諦めていた祭りが復活して大いに盛り上がった。

 それが4月の出来事。瓦礫の撤去も勿論大切だけれど、心の瓦礫を取り除く事の大切さを改めて思います。

 今、『祭り』或いは『祭り的なるもの』が一番必要なのは福島かなと思います。 思いっきり深呼吸や溜め息つきたいよね。

20110810


posted by 勇気野菜 at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。