2011年08月09日

第6便の報告 2


 スギです。南相馬〜石巻報告その2です。

 11時頃(7月29日)南相馬のピーナッツに到着。野菜と依頼の物資を下ろす。来客も多く、施設長の郡さんも忙しそう。
 
 つい先日、南相馬市長が県外避難者の帰還要請を表明したばかり。
 しかし、ピーナッツのある緊急時避難準備区域のインフラは市民の帰還に耐えうる状況にはありません。

 学校は再開の見通しは立って居らず、障害者施設もピーナッツだけ。最近、2ヶ所の施設が再開したと言っても、実態はボランティア開所。職員1名で障害者17名をみる事が可能かどうかは自明の事と思われる。

 再開はしたい。でも、スタッフが圧倒的に足りない。行政の支援は期待出来ない。

 ピーナッツですら、スペースの問題(鹿島地区にあった就労支援施設が同居している為)で利用者が毎日の通所が出来ない状態にある。現在、場所探しをしているが、適当な場所が見つかっていない。

 ピーナッツのスタッフ、本多さん(北村さん達の友人でもある)の希望はメンバー全員が毎日通えるようになる事。

 病院の再開など医療も然りである。

 戻って来いと言われても、医療、教育、福祉のインフラは圧倒的に不足状態で、仕事のあてはなく、明日が見えない。未来を語れない。

つづく


posted by 勇気野菜 at 16:54| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。