2011年06月30日

いま子どもたちを守るために知っておきたい放射能のはなし


すでに会場のキャパシティを超えてしまいました。申し訳けありませんが、受付終了です。


 7月10日の長谷川さんのお話を聞く会に続き、16日(土)にチェリノブイリへのかけはし代表・野呂美加さんのお話を聞く会があります。



「いま子どもたちを守るために知っておきたい放射能のはなし」
〜ベラルーシの子どもたちが伝える低線量被曝の姿〜

 みなさんは、原発のこと、放射能のことをどう考え どう感じて日々を過ごされていますか?

 3月11日の大事故以来、いまだに放射能は拡散しつづけています。相模原市のお茶からも基準値以上の放射性物質が検出されました。

 こうした低線量放射能に対していちばん強く影響を受けるのは、子どもたちです。その子どもたちが将来どんなリスクを負う可能性があるのかについて私たちはあまりに知らないことが多いことに気がつきました。「安全です」という言葉だけでなく、「不安」なだけでもなく、事実を知って、乗り越える知恵と情報がほしいと思います。

 いま、ほんとうに必要なのは「知ること」。知った上で、何をどう防ぎ、どう引き受けることができるのか、ひとりひとりが意識し、選びとることが大切なのではないかと思うのです。

 今回、チェルノブイリの原発被害を被ったベラルーシの子どもたちを保養させる活動を19年間続け、子どもと放射能に関わりつづけてきた「NPOチェルノブイリへのかけはし」代表の野呂美加さんのお話をうかがう回を企画しました。

 たくさんのみなさまの参加をお待ちしています。


「いま子どもたちを守るために知っておきたい放射能のはなし」
〜ベラルーシの子どもたちが伝える低線量被曝の姿〜

日時:7月16日(土) 14:00〜16:30 (13:30開場)
会場:相模原市立東林公民館 和室
   (相模原市南区相南1-10-10 小田急江ノ島線東林間駅より徒歩10分)
   地図はこちら http://www.asahi-net.or.jp/~yr6m-ymd/sub08-03.htm
参加費:1,000円 保育600円(要申し込み)
定員:80名
主催:野呂美加さんのおはなしを聞く会
連絡先:橋本良子 hanaryo.mano@hotmail.co.jp
     チャンプールでもお問い合わせにお答えします。

野呂美加さんのプロフィール
 NPO 法人チェルノブイリへのかけはし代表。
 22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1か月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。これまでに招待した子どもは、19年間で648人。
 2005年国際交流基金より「地球市民賞」受賞。
 福島第一原発事故発生以来、各地で主にお母さんたちのためのお話会を開催している。
 夫と大学生の娘と3人暮らし。
 チェルノブイリへのかけはし http://www.kakehashi.or.jp/



posted by 勇気野菜 at 20:29| Comment(0) | イベントのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。