この記事へのコメント
写真、動画の説明をしておきます。高い放射線量の場所は浪江から飯館に向かう399号線沿いです。売地の看板の所は近くに人家も有り、人も住んでいます。
石巻のは、牡鹿半島の浜です。どの浜も同じような状態です。市街地に比べ、半島の方は1か月復興が遅れていると言われています。
6/8〜12カヌー、重機を使い、ダイバーも参加して浮遊物、海底の瓦礫の撤去作業、ボランテイアは連日4団体40名〜70名参加。浜の漁師のおっちゃん達と一緒に。外国人は坊さん志望のロシア人、京都在住20年のオーストラリア人、兵役拒否のドイツ人、外人タレントしてるアルゼンチン人など国際色豊かでした。

お風呂の写真は自衛隊風呂です。
外人タレントしてるリコと一緒にお風呂入りにいきました。
Posted by スギ at 2011年06月16日 22:59
6/8、南相馬「ぴーなっつ」でまた面白い出あいがありました。
お昼ごはん(障害者メンバーやスタッフの皆さんの給食を担当されている方のさりげない心使いに感謝!)を頂いた後、これから宮城の丸森町で自然農を営む友人の所に寄る旨、話したら「あら、ウチにもスタッフで丸森から来ている人いるんですよ」と施設長の郡さん。
紹介頂き、話すると「ああー、K農園のMさんの所ですね。良く知っています。」とのこと。
前回も思わぬ再会がありましたが、今回もまた面白い繋がりが・・・。
ここで敢えてイニシャルで書いているのには
理由があります。
Mさんたちが、仲間の有機農業者と今回の原発事故による土壌の汚染を調べる為の活動を始めた所、風評被害を煽る等のバッシングを
受けたそうです。
畑・・・そして消費者に対し誠実に向き合うことも儘ならない現実があります。
こうした状況を作り出し、Mさん達を追い詰め、相変わらず情報を小出しにしか公開しない国や東電の姿勢に本当に怒りをおぼえます。



Posted by スギ at 2011年06月18日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。