2011年04月18日

被災地に野菜を運びます


 4月18日、ワンボックスにキャベツ100kg、レタス30個、大根30本、ほうれん草2コンテナなどを積んで南相馬に野菜を届けました。    

 届けた先は、通所施設のピーナッツさんです。    
 自らも被災する中で、支援センターとしての役割をになって頑張っています。    

 なんとかこれからも後方支援をしていきたいと、考えています。  

 野菜は、有機野菜卸のメルカウーノ、オーガニックファームジャパンそしてお百姓たちの協力をいただきました。    


 5月は9日深夜出発の予定。    
 今回もキャベツを中心に、大根、キュウリ、ピーマンなどの協力をいただけそうです。


 ただ、無料というわけには行きませんので、現在のところチャンプールに集まった義援金を購入資金にあてさせていただいています。  
 振込みの郵便口座ですが、12年も放置してあったため、口座が消滅しており、現在申請中ですが、その申請が通るかどうか、というところです。    
 正式な口座が決まり次第、お知らせいたします。


posted by 勇気野菜 at 18:13| Comment(3) | ご協力のお願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援します。
僕は全力で原発を潰す方向で動きます。

Posted by うじいえ at 2011年05月02日 21:57
スギです。嬉しいですね!祝ブログ開設!
神戸の時は携帯に感動してたのに。
地震10日目に車と救援物資の移送を頼まれて福島の関さんの所まで行ったのが最初ですね。2回目が南相馬。3回目が石巻。
南相馬の通所施設「ぴーなっつ」は原発30K圏内唯一活動している障害者施設です。
避難所に居られない知的障害を持った人たち
がきています。
30K圏内の為、一部の店舗を除き経済活動は停止状態です。当然宅配便も来ません。
自分で移動手段を持っている人は救援物資を
取りに行ったりも出来るのですが、そうでない人たち、特に在宅の障害者、お年寄りはサポートを必要としています。
「ぴーなっつ」は日中活動の傍ら、こうした人たちへの物心両面のサポートをしており、
結果的に南相馬「屋内退避圏内」の地域支援拠点となっています。
スタッフ自身も被災者です。彼らが「潰れない」よう、サポートできればと思っています。
こうした事情は矢張、現場に来てみて判ったことでした。最初、事前に市役所への問い合わせをして、野菜をもっていくことにしたのですが、当日再確認の電話を入れると、物資は間に合っていると断られました。
役所だけを責めるつもりはありませんが、柔軟さにどうしても欠けてしまいがちです。(例えば避難所の炊き出しも断っているとのこと。しかし避難所で温かい食事は週に一度味噌汁がでるだけ等)
こうした現状にあっては、「ぴーなっつ」の動きは本当に貴重です。
来週は石巻に行きますが、「ぴーなっつ」にも行くつもりなので、また報告します。
Posted by スギ at 2011年05月02日 23:46
6/22から再び福島・南相馬〜宮城・石巻に行こうと思っていましたが、職場のスタッフが
手術後のリハビリと、もう一人が原因不明の黄疸で入院となり断念しました。
出来れば6/29辺りから行ければと思っています。
とはいえ、現在赤字会計で持ち出し状態なので何とかしなくては・・・。
                スギ
Posted by スギ at 2011年06月18日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。